スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解散総選挙と株価

衆議院が解散されました。
通常は、解散前に買って選挙後に売れば、新政権への期待から値上がりするので儲けられるケースが多いと思われます。
ところが今回は、突然解散されたようなものなので、あらかじめ仕込んでおくことができませんでした。

とはいえ、現状を見ると株については楽観的に見ていいように思います。
来年にかけて日経平均は2万円を目指すという見方も出ているようです。

確かに、これまでのニュースを見ると、株が上がりそうなネタが目立ちます。

①日銀の追加緩和
昨年4月の緩和もそうだったように、新たな緩和は、“1か月半”の間、株高をもたらすのだとか。
10月31日追加緩和なので、単純に12月半ばまではその余波で株高が維持されると推測されます。

②GPIFの運用比率引き上げ
とにかく最大級の機関投資家なのだから、株にとっては大きなプラスというほかありません。

③好調なアメリカ経済
当面、利上げは意識されない勢いですから、米国株は堅調でしょう。
おそらく来年になって利上げが意識されるイベントがあると、米国株の下落⇒日本株の下落、と思われます。
逆を言うと、それまで日本株は好調。

④日本企業7-9月期は30%の大幅増益(前年同月比)
これは欧米が10%そこそこの増益なのに比べてもすごいです。
今年12月、あるいは来年3月の好決算が待ち遠しい限りです。

⑤何といっても円安。
足元ドル円は118円近辺ですが、来年にかけてもう少し円安が進むと予想されます。
日本の貿易赤字が定着したこと、シェール革命により米国の貿易赤字が減ること、 原油価格の下落で米国民の消費も伸びること、強いアメリカ経済と弱い日本、米国は金融政策の出口なのに対し、日本はまだまだ入り口。
こうした環境を考えれば、ドル円は到底120円どころの話では済むはずがありません。
円安と株高の連動性が薄れているという兆候も見られますが、やはり円安は株にとっては歓迎すべきものです。

ということで、少なくとも来年前半までは株で儲けられる、とタカをくくっております。
もっとも、来年後半になれば、岩盤規制の牙城を崩せない安倍政権にピンチが訪れるのでは、と懸念しています。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。