スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給料アップだが税率もアップ

今年、昇格も手伝って少し給料が上がりました。
といっても手取りにすると月に35万円くらいです。
ただし年収(税引き前)は700万円を超えてきますので、所得税の税率がこれまで10%だったものが、今年は20%に上がるのが確実です。
人によって異なりますが、年収600万円代後半になると税率が20%になります。

そこで、税率がアップしたときの対策ですが、まず課税所得を減らすことを考えるべきでしょう。
課税所得とは、給料からサラリーマンの必要経費に相当する部分を差し引いた後の部分で、まさに税率をかかる部分のことです。
そしてこの部分は、生命保険に入ったり、寄付をしたりすることで減らすことが可能です。
減らした後に税率を掛けて税額を計算するので、課税所得を減らす試みは節税の基本となるのです。

そこで私の場合ですが、これまで年金保険に入っていなかったので、税制適格型の生命保険料控除は全く使っていなかったのです。
年金保険に入れば、年間保険料を8万円以上払うと、課税所得が4万円控除されます。
つまり、月々7000円の保険料負担で、税率20%の人なら所得税が8000円減らせるのです。
住民税は2万8千円控除され、税率は一律10%なので、2800円減らせます。
1万円以上節税できるので、まず年金保険に入ることにしました。

確かに、必要性もなく保険に入るのは無駄以外の何物でもありませんが、年金保険は将来年金としてもらえるので無駄にはなりません。
だたし、加入する際の注意点はあります。
最も気をつけるべきなのが流動性がない点です。
加入後数年で解約すると元本割れを起こしてしまいます。
それと、単なる貯金とは違うので引き出しにも制約があります。
ですから、使わない範囲のお金(=余裕資金)でやるべき商品で、手取りが少なかった私としてはなかなか加入に踏み切れませんでした。

また投資商品としては利回りも低いので(0.5%程度でしょうか)、魅力もありません。
くれぐれも利回りと返戻率は混同しないようにしましょう。
パンフレットには利回りは書いてないので、営業さんに聞く必要があります。

とはいえ、今回給料もアップしたし、税率もアップしたことで節税効果も大きくなりますので、加入することにしたわけです。
もちろん、税率が低い場合でも課税所得を減らすことに意味はあります。
しかし、税率が高ければ高いほど節税効果があるのです。
ですから、税率アップしたタイミングで対策を打てば、より効率的な節税になると言えるでしょう。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

未使用のNISA投資枠

先日、日経CNBCのマーケットコロンブスという番組で、NISA投資枠のことがテーマになっていました。

ネット証券で開設されたNISA口座のうち、全く使用されてない口座も含め、投資枠の70%が未使用だというのです。
だから、年末にかけて、この枠をうめるべく個人投資家の買いが入るとのこと。
NISAの母国イギリスの場合も、購入期限の最後の2か月に購入が集中しているそうです。
今後、投資枠を使うための駆け込み購入が増え、株価の下支えになるというのです。

確かに私の場合も9月末の時点では、投資枠の60%くらいしか買っていませんでした。
この番組を見た後、10月になって下落してきたので、ようやく100%近く購入したのです。
やはり、銘柄選択や買いのタイミングなどを見極めるため、あるいは単に忘れていたとかの理由で、なかなか使われないのだろうと思います。

ただ、ネット証券などはNISA口座開設でプレゼントがもらえるキャンペーンをいろいろやっていたと思います。
ですから、全く使われないNISA口座も相当数に上ると推測します。
テレビで紹介されたデータですが、“ネット証券における未使用枠”ですので、実店舗の証券会社は数値に入っていない点に注意したいです。
つまり、NISAを利用するつもりがないのに、プレゼント目的で口座開設した人が多いのがネット証券なわけです。
とすると、NISAの駆け込み購入がどの程度株価を押し上げるのかは疑問です。

もっとも、番組でも触れていましたが、昨年12月も株式売却益の税率アップ前に利益確定売りが殺到しました。
個人の売買動向というのはあなどれません。
暴落し続けている今、個人が買い支えてくれることを期待したいものです。
私も今回の暴落が始まったとき、NISAで買いました。
みずほFGを買い増ししましたが、さらに下がっていますけど…。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

レックスカードに変更

クレジットカードはこれまで、ドコモのDCMXカードをメインカードにしつつ、サブカードとしてビックカメラSuicaカードを使用していました。
今回、メインカードを高還元率で話題のレックスカードに変更しました。

DCMXカードなんて、あんまりメジャーじゃない気がしますが、このカードを長年使っていた理由があります。
ポイント付与率は低いですが(今年4月から1%、3月までは0.5%)、貯まりやすい点です。
日曜日は倍とか、提携のお店だと3倍とか、アンケートに答えるともらえるとか、ポイント倍増キャンペーンも多い。
還元は、ドコモショップで機種変更するときに1ポイント1円で使える。
機種変更は必ずするし、出費も大きい。
必要経費にポイントを無駄なく使える点で優れています。

高いポイント付与率についつい目が向きがちですが、ポイントを無駄なく有効利用できるという視点が更に重要なのだと思っています。

とはいえ、ここ1、2年の我が家のクレジットカード事情を振り返ってみると。。。
近所のスーパーがクレジットカード決済できることになったため、妻があまり現金を持ち歩く必要がなくなったのです。
そこで、いっそのことドラッグストアや衣料品店も全てクレジッド払いに移行させようということになりました。
すると、大きな買い物をしない月でも、妻と私のクレジット利用額の合計は月に10万円くらいになりました。
これほどクレジット利用額が大きいのなら、高い還元率のカードがメリットが出てくると思い、レックスカードにしたのです。

ETCカードも無料で発行してもらえます。(DCMXは使わない年は有料でした。)
家族カードも合算して本人にポイント付与されます。(ビックカメラSuicaカードは家族カードがありません。)
年間50万円以上の利用で年会費無料になりますが、楽にクリアできます。
我が家の生活スタイルに合ったカードだと思います。

ただし、デメリットも理解しておかなくてはなりません。
まず、ポイントのつき方ですが、月間の利用額2000円ごとに35ポイントが貯まります。
つまり、月々の2000円に満たない部分の端数はポイントが付与されない、付与率0%だということです。
レックスカードは高還元率で有名になってますが、端数部分が付与率0%だとすると、到底1.75%の還元率にはなりません。
たとえば、ある月に11900円利用したとすると、1900円の部分にはポイント付与されないので、この月のポイント付与率は、(10000×0.0175)÷11900=0.0147 ですから、還元率1.47%にしかなりません。
我が家は月に10万円くらいカード利用があるので、たとえばある月に、101900円利用したとして、1900円の端数にはポイント付与されませんが、(100000×0.0175)÷101900=0.0171 となり、還元率1.71%です。
結局のところ、レックスカードはたくさんカード利用するヘビーユーザーじゃないと、高い還元率を維持できないわけです。

ともあれ、レックスカードは少々ポイントの無駄が発生しますが、使い方によっては高還元率を維持できますし、カード請求金額から現金を引いてくれるので、還元方法としては最高です。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
プロフィール

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。