スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイルSuicaにビッグカメラSuicaカードを登録

以前、ビッグカメラSuicaカードに入会したことを書きました。
Author:MUFGさんが、その記事を読んで、自身でもビッグカメラSuicaカードに入会したそうです。
ブログ:独身サラリーマンの資産運用と恋愛日記
http://kinyuusisan.blog.fc2.com/

MUFGさん、ご訪問ありがとうございました。
少しでも私のブログが役に立って光栄です。

ところで、このビッグカメラSuicaカードですが、他にもお得なことがあります。
それは、モバイルSuicaが会費無料で利用できることです。
通常1000円かかりますが、ビッグカメラSuicaカードは無料です。
他のビューカードでも無料ですが。

このモバイルSuicaにビッグカメラSuicaカードを登録することで、新幹線特急券、普通電車のグリーン券、定期券がチケットレスになります。
しかもポイントが利用料金の1.5%相当たまります。
オートチャージはもちろん、券売機、携帯やパソコンでのチャージも可能で、かなり利便性も高いです。

そして何より、すごくお得なのが新幹線の料金。
モバイルSuicaで特急券を購入すれば、指定席が通常の自由席より安く買えます。
たとえば東京~宇都宮・高崎の指定席を買うと、通常、乗車券1890円+自由席特急券2910円=4800円です。
これがモバイルSuicaで購入すると(モバトク)、トータル4100円。
これは自由席の4290円よりも安いです。
さらに、前日までに購入するなら(スーパーモバトク)、トータル2540円。

JR東日本が提供するサービスはこれ以外にもいろいろあるようです。
ただ、サービス内容がややこしくて理解するのが大変。
まだよく分かっていません。

自分の生活シーンに合わせて、お得な部分を利用していこうと思います。
メリット、デメリットを見つけて、またアップします。
 
↓ 応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

住宅ローン金利引下げ交渉に成功!

先日書いた住宅ローン金利引下げ交渉ですが、借入先の銀行から連絡がありました。
なんと、今の金利を引き下げてくれるということです。

現在の変動金利の利率
 0.875% ⇒ 0.775%
に条件変更となりました。
手数料は0円です。

銀行さん、本当にありがとうございました。
これでブログを書くのも気合が入ります。

たった0.1%の切り下げですが、私の場合だと、少なくとも24万円程度のメリット(利息削減)となりました。
将来、金利が上昇すれば、さらにメリットが大きくなります。

たった数十万円で交渉するなんて、面倒だと思う人がいることでしょう。
おそらく銀行も嫌がっていたと思います。

しかし、借り換えの手続きは面倒なことはありませんし、費用も思ったほどかかりません。
みんな知ろうとしないだけです。
ガソリンが1円安ければ、安いガソリンスタンドに行くし、卵が50円安ければ安いスーパーに行くものです。
ですから、わずかなメリットでも積極的に行動すべきだと思います。

今日は結果報告ということで、次回から具体的に紹介していきます。
 
↓ 応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


NISA口座の問題点

今月からNISA口座開設申込がスタートしました。
私は既にSBI証券に申し込み済みです。

理由は簡単です。いつも使っている口座だからです。
金融機関によっては、現金3000円とか、クオカードとか、いろいろなプレゼントがもらえたりします。
SBI証券はそうしたプレゼントはありませんが、2014年1年間にNISA口座での売買手数料が無料になる特典があります。
ただNISAは年間100万円までですし、いったん売却すると100万円の枠を使えなくなるので、頻繁に売買しないと思います。
ですから、手数料無料の特典といっても、たいしたことはありません。

さて、このNISA口座、さまざまな問題や制約が指摘されています。
中でも私が最も問題だと思う点は、“NISA口座から課税口座へ移管したときの取得価格が移管時点の時価になる”という点です。
これは、「ふ~ん!?&%$#」と言いながら聞き流してしまいそうですので、具体的にイメージしてみる必要があります。

(例)
100万円で株をNISA口座で購入。売却せず5年後(あるいは10年後)に課税口座に移管。そのときの時価が60万円に値下がり。

問題はこの後。いざこの株を売るときです。

①50万円で売却した場合
60万円で取得したとみなされる株を50万円で売却したので、10万円の損害です。
当然税金は取られません。この場合は驚くことはありません。

しかし、悲惨なのは、
②110万円で売却した場合
60万円で取得したとみなされる株を110万円で売却したので、売却益50万円です。
税金は20%になるので10万円です。
本当は100万円で買ったので、10万円しか利益がないはずですが、税金が10万円取られます。
利益がそっくり持っていかれる有り様です。

さらに、もっと悲惨なのが、
②90万円で売却した場合
60万円で取得したとみなされる株を90万円で売却したので、売却益30万円です。
税金は20%の6万円。
元々100万円で買ったので、90万円で売ったのだから10万円損しているにもかかわらず、税金が6万円取られます。
本当は利益が出ていないのに税金を払うって、変じゃないですか!?

以上のことは、SBI証券のNISA専用ダイヤルに電話して、オペレーターさんに具体例を示した上で質問したところ、そのように教えてもらいました。
だから、間違ってないと思います。
思わず、オペレーターさんに、「この制度は必ずしも有利な制度じゃありませんよね!?」と浴びせたところ、あっさり「そうです。」とのこと。

イギリスではいったんISA口座を通じて株や投資信託を購入すれば、売却益や配当、分配金が無期限で非課税扱いになるそうです。
日本のNISAも、無期限で非課税扱いにできれば、上記の問題は大方解消されると思われます。
この問題はあまり取り上げられてないですが、今後問題視され、制度改正を余儀なくされるでしょう。

こうした問題点を踏まえ、NISAでどういうものを買えばいいのか、利用法についても今後考えていきたいと思います。

↓ 応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
プロフィール

yuterpan

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。