スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民年金保険料の後納②

昨年末、妻の下に国民年金保険料の後納のお知らせが来ました。
10年前に6か月間の未納期間があったのです。
遡って納付すれば将来の年金額が増えるというのです。
しかし、あまりお得な気がしない、と記事に書いたとおりです。

1ヶ月分の保険料14940円を納めると、将来もらえる年金が年額で1638円増えます。
月額14940円の保険料の元を取るには、14940÷年額1638円=9.12(年)かかります。
65歳から受給できるとして、74歳まで生きないと元が取れない計算です。
あまりお得感がないので、納めないつもりでいました。

ところが、年が明けて妻と話をしてみると、妻は納付したいと言い出したのでした。
その理由は、少しの未納期間があることで不利益にされるかも知れないから、ということです。
納付期間に応じて受給額が変わるのは当たり前なので、、、特に後納すべき理由にもならないと思うのですが、当人が納めて欲しいと言うので、検討することにしたのです。

①長生きのリスクがあること
やはり遠い将来ですから、何があるか分かりません。
貯金を取り崩して生活する老後になる可能性は否定できないので、長生きしたときに備え、少しでも受給額を増やしておくことが賢明です。

②保険料は所得控除を受けられること
後納保険料を今年払えば、今年の所得から控除してもらえます。
妻は専業主婦で無収入ですが、私の所得からの控除も可能です。
税務署に確認したところ、「仮に妻が働いていたとしても、現金払いであれば、夫婦どちらの現金か区別は困難だから妻と夫どちらの所得からも控除可能」とのことでした。

しかし、妻の通帳から引落しするような場合は、妻の財産から支払ってることが明らかだから、夫の所得から控除できなくなる」とのことです。
税金のことも考えて、支払の仕方も気をつけた方がよさそうです。

ともあれ、所得控除によって所得税、住民税を合わせて20%の節税ができます。
そうすると、(1月の保険料14940×0.8)÷年額1638円=約7.3(年)で元が取れます。
65歳から受給できたとして、72歳まで生きれば元も取れるわけです。

ということで、何だか払った方が得なような気もしてきました。
↓ 応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

税制改正

先日、平成25年度の税制改正大綱が発表されました。
庶民の生活にどれくらい影響があるのでしょうか!?

最も落胆したことは、自民党が政権公約に掲げていた「年少扶養控除の復活」が見送られたことです。
16歳未満の子どもがいる親の所得の一部を控除する制度で、税金が少し安くなるわけですが、民主党政権で子ども手当が創設されたのに伴って廃止されたのです。
しかし、自民党は子ども手当が従来の「児童手当」に戻ったことを受けて、先の衆議院選挙の政権公約に「年少扶養控除」を復活させる方針を盛り込んでいました。
ところが、今回見送られることになって、子育て世代の負担は重くなったままです。
今の不景気、デフレの根本的な要因が“少子化”であることを考えれば、政権公約の破棄には納得がいきません。

所得税の最高税率が40%→45%に引き上げ。
とはいえ、課税所得4000万円以下の人は従来と変わりません。
ごく一握りの大金持ちしか増税されず、普通の金持ちには関係ないのです。

相続税の基礎控除を4割縮小。
そもそも相続税は100人のうち、3,4人の金持ちしか納税しない制度です。
今回の改正により、100人のうち、5,6人が納税することになるようです。
いずれにせよ、一握りの金持ちしか関係ないです。

教育資金一括贈与1500万円まで非課税。
ただ、この仕組みを使わずとも年間110万円までの贈与は非課税です。
私も自分の親から少々の援助を受けていますが、毎年110万円もらうのは大変なことです。
この仕組みも一握りの金持ちしか使えない制度だと思われます。

住宅ローン減税の拡張、自動車取得税の廃止。
私は既にマイホームも車も買ってしましましたので、当面関係ありません。
これらの改正は、庶民のためというより、住宅や車の売り上げを伸ばすインセンティブを与える改正と評価できます。

今回の税制改正は、企業や大金持ち向けの改正であり、庶民への影響はあまりないように思います。
せいぜい来年から「小額投資非課税制度」が導入されますので、これについてはきちんと勉強して対策を立てたいと思います。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

買いそびれたJリート

昨年夏以降、Jリートに人気が集まっているようです。
私もJリートを買おうとしていた1人でした。

昨年5月、SBI証券のセミナーに参加したのですが、講師が投資先の1つとして、Jリートを勧めていました。
そのころ日銀が決定した金融緩和において、Jリートの資産買い入れ額を100億円増額することを決めたから、というのが理由です。
Jリートは国債と違って市場規模が小さいため、100億円でも市場に大きなインパクトがあるとのことでした。
Jリート以外にも様々な金融商品を勧めていましたが、Jリートを勧める理由に納得がいったため、Jリート買う気になったのです。

そして、9月の金融政策決定会合で追加緩和となれば、さらにJリート価格が上がると思ったので、それ前に買おうと考えました。
ところが、まさに買おうと考えていた矢先、妻が緊急入院してしまったのです。
このため、手元資金を残しておこうという不安に駆られ、銘柄検討する時間もなくなり、購入を躊躇してしまったのです。
そうしたところ、日銀の追加緩和があり、その後の衆議院解散表明、自民党の大勝と続き、あれよあれよという間にJリート価格が上がってしまったのです。
結局、買いそびれてしまいました。

今日(18日)の日経新聞夕刊には、「東証REIT指数 高値で推移」との見出し。
値上がりしすぎて調整しそうだ、とのことです。
9月に買えていれば…、ホント残念です。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

銀行株

このところの株価上昇で何か買いたいなと思っています。
金融緩和されれば、銀行、建設、不動産など景気敏感株が上昇すると言われています。

私は去年辺りからメガバンクを買いたいと思っていたのでした。
日本国内では設備投資が冷え込んでおり、貸す相手がいないのが現状のようです。

しかし、メガバンクは海外への進出を積極的に進めており、将来的にも市場拡大の期待が持てます。
懸念はバーゼル規制という世界基準の銀行規制ですが、メガバンクはクリアできるとのこと。
PBR(株価純資産倍率)も1倍以下で割安と言われる水準です。
新聞の株式欄でもメガバンクを勧めている記事もありました。
配当も3%程度だったり。

問題は買い時です。
一本調子で上がってきたので、そろそろ調整が入ってもよい頃です。
でもあんまりのんびりしていると、配当もよいので、決算期近くなり余計に高くなってしまうかも知れません。
ともあれ、今週21-22日の金融政策決定会合を見てから決めようかと思っています。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

入院時の自己負担額

1回の入院で、医療費がいくらで、どれくらい自己負担があるのか、うちの例を紹介します。
それによって、医療保険への備えの参考になると思います。

昨年、妻が帝王切開で長男を出産しました。
妊娠・出産自体は病気ではないので、分娩料、介助料、検査料等は健康保険の適用外です。
出産時の介助料として、32万円かかりましたが、これに対する給付金として、健康保険組合から出産一時金42万円をもらいました。

この点は知られていることですが、見落としがちなのが保険診療の自己負担部分です。
帝王切開は医療行為なので、手術料、入院料、投薬料等は健康保険の3割負担で済みます。
とはいえ高額になりますので、自己負担がどれくらいなのか把握しておく必要があります。

今回の手術+入院9日間では、保険点数が91560点でした。
領収書に書いてある1点=10円ですから、総医療費は915600円です。
3割負担ですから、この場合、患者が窓口で払うのは274680円です。

しかし、健康保険には高額療養費という制度があるので、平均的な収入のサラリーマンであれば、1月のうちに1つの医療機関でかかった医療費の自己負担限度額は8万円程度で済みます。
計算式があって、自己負担額=80100+(医療費915600-267000)×1%=86586円となります。
つまり、274680円-86586円=188094円が高額療養費としてもらえることになります。

さらに、健康保険組合によって少し違いますが、自己負担額に対してプラスで補填してくれる制度もあるのです。
本人の場合が「一部負担金払戻金」、被扶養者の場合が「家族療養費附加金」などと呼ばれています。
高額療養費をもらった場合はその分を差し引いても、なお医療費が25000円を超えた場合には、その額を補填してくれるものです。
妻の場合だと、高額療養費をもらった後の自己負担額である86586円-25000円=61500円が更にもらえるということです。
この制度も、1月のうちに1つの医療機関でかかった保険診療についてです。

そしてさらに、怪我や病気で5日以上入院したときには、「入院附加金」というのももらえます。
5日~30日の入院なら10000円、30日入院が長引くごとにさらに10000円ずつ追加されます。
妻は9日間なので10000円です。

以上を総合すると、窓口負担が274680円だったもののうち、高額療養費188094円+家族療養費附加金61500円+入院附加金10000円=259594円が補填されました。
すなわち、最終的な自己負担額は、274680-259594=15086円となったわけです。
意外と少なくて済みます。
ただし、これらは保険診療の話ですから、食事代、文書代、差額ベッド代は自費となります。

思ったほど医療費の自己負担額が少ないことが分かります。
自分の入っている健康保険組合の制度をよく確認しておけば、入院してもそんなに経済的に困窮することはないでしょう。
この程度の負担であれば、毎月何千円もの保険料を払ってまで医療保険に入る必要は少ないと思います。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

続・住宅ローン見直し②

このブログで書いてきましたが、住宅ローンの見直しに着手しています。
現在借りている銀行に対して、金利を下げるよう要望しましたが、却下されました。
そこで、他の銀行への借り換えを考え、借り換えでメリットが出るかどうか検証してみました。

私のローンは現在、変動金利0.875%、ローン残高2772万円、残存期間17年の元利均等払いです。
これを、変動金利のまま他の銀行に借り換えるとして、①金利を0.1%下げて0.775%、②元利均等から元金均等にして今と比較してみました。
金利は5年間変わらず、その後1%上昇するという前提でシミュレーションしました。

すると、支払総額は借り換えた方が58万円少なくなります。
ただし、借り換え費用として登録免許税109600円、司法書士報酬等50000円、印紙代2000円、保証料303920円、保証取扱手数料31500円の合計515020円がかかります。

保証料が高額になりがちですが、期間を短く設定すれば安くなりますし、そもそも元金均等払いの保証料は元利金等より少し安いです。
それと保証料については、借り替え前の銀行ローンを完済するため、保証料の戻りがあります。
早い時期に完済すればかなりの額の保証料が戻ります。
借入先の銀行に確認したところ29万円あまりでした。

また司法書士の報酬は交渉すれば少し安くしてもらえるそうです。
それと抵当権を外すのは自分でやって差し支えないそうで、そうすれば更に費用を節約できます。

以上を総合すると、実質的な借り換え費用としては20万円ちょっとということになります。
ですから、借り換えによる支払圧縮額58万円-借り替え費用20万円=38万円のメリットが出ることが分かりました。

よく、借り替えに関しては、“金利差1%以上ないとメリットない”とか“借り換え費用70万円”とか漠然と言われることがあります。
しかし、自分で実際に計算してみないと、どの程度のメリットがあるのか分かりません。
私の場合、金利差0.1%ですが、わずかにメリットが出ます。
さらに金利上昇の前提を変えれば、さらに結論が変わると思います。
元金均等は金利が上昇すればするほど、元利金等に比べてメリットがでるからです。

とはいえ、今回のシミュレーションでは、借り換えによるメリットが38万円なので、慌てて借り換えすべきという程のものではありません。
借り換えについては、もう少し考えてみようと思います。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

生保保険料値下げ!?

今朝(7日)の朝刊で見たのですが、金融庁が保険料の指標となる「標準利率」の計算方法を見直すのだそうです。
具体的な内容は今年10月に決まるようです。
これにより、2014年4月から保険料が値下げるになる見通し、とのこと。

えっ!ちょっと待ってください。。。
2013年4月から保険料って値上げになるんじゃなかったっけ??と思いました。
私も以前の記事で書きましたが、昨年下半期は長期金利がすごく低かったため、生保各社は予定利率を下げることが決まっていたのです。

ということは、2013年4月に予定利率が下がり、いったん保険料が上がるが、来年4月には保険料が下がるということです。
だったら、生命保険とくに貯蓄性のある商品(終身保険、年金保険)の加入は、1年待って来年入った方がお得です。
私は、予定利率が下がる前、すなわち保険料が上がる今年4月前に加入を検討してもいいかなと思っていた矢先でした。

他方、安倍政権のもとで国債が増発されそうですので、長期金利の上昇も予想されます。
つまり、今後は予定利率自体が上昇する余地もあるわけですから、なお更のこと今ここで慌てて保険に入らなくてもいいと思いました。
ちなみに私は節税も兼ねて、年金保険を考えていました。

結論として、今年は入らないことになりそうです。
それにしても、新聞には目を通しておくべきだとつくづく思った次第です。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


株価大幅続伸でスタート

今年の株式市場が開きました。
年末から比べて大幅続伸でした。

①安倍政権への期待が大きいことに加え、②円安に振れていること、③アメリカの「財政の崖」問題がいったん回避されたことなどによるものです。

しかし、、、
①安倍政権への期待は、あくまで期待であり、今のところまだ何もやっていません。
金融政策は、安倍政権は日銀に2%の物価上昇を迫っていますが、日銀はもとより、市場関係者もその実現には懐疑的な見方をしている人もいるようです。
財政政策は、大型の公共事業は可能なのでしょうが、将来の財政再建の見通しもつけてくれないと駄目でしょう。
成長戦略については、規制緩和が必要でしょうが、TPPに参加しないと規制緩和できないのではないでしょうか。そして安倍政権は、業界団体に配慮してTPPに参加できないような気がします。

②円安になっている点ですが、このところの円安は急激すぎるのではないでしょうか。
それに、アメリカのメディアは安倍政権に対し、為替介入だとの批判的な記事を掲載しました。
反動が怖いです。

③アメリカの「財政の崖」は一旦回避されただけで、まだまだ問題はくすぶっているようです。

というわけで、株価が下落する要因はたくさんあります。
そもそも、今の株高は外国人投資家が期待先行でどんどん買い進めているだけで、生損保や年金資金など、日本の機関投資家は株の持ち高を減らしているそうです。
外国人投資家は、マイナスなニュースがあるとすぐに市場から逃げ出してしまうとも言われていますので、株価が急降下する局面もあろうかと思います。

いずれにせよ一本調子で上がることはないと思うので、調整局面になったら何か買おうかと思っています。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

福袋

あけまして、おめでとうございます。
年末はバタバタしてしまい、記事が書けませんでした。
今年こそは毎日更新を目標にして、どんどん書きたいと思います。

さて、お正月といえば、福袋ですね♪
私も新年の街をぶらぶらしてみました。
ふと思ったのが、「福袋は損か得か!?」

衣料品店を覗くと、コート、セーター、マフラーが入った福袋が1万円とか、まともに買ったら数万円するであろうものが、まとめて福袋に入って、“たったの1万円!!”で売られています。
“早くしないと売り切れてしまう”とばかり、思わず買いたくなります。

だが、そこでストップ!冷静に考えてみましょう。
“要らない物を買っていないか?”まさにそこが重要です。
5000円のマフラーだけが必要だったならば、それだけ買えばよく、なんとなくコートやセーターを付け足す必要はありません。
“福袋というのは、お得感に加えて、年末年始のお祭り気分から、要らない物を買ってしまいがちです。”
そう考えて、今年は福袋は買いませんでした。。。

これは福袋に限ったことではありません。
年末、ユニクロのチラシが入ったので、私が「安いから何か買って来ようかな…」とつぶやいたところ、妻が「何も買わないのがいちばん得」と挟んできました。
確かに、“安いから買うのではなく、必要だから買うのです。”

本当に必要な物だけを買うようにすれば、無駄な出費は減ると思います。

↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
プロフィール

yuterpan

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。