スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん保険

前回の記事では、少々の貯金があれば医療保険はいらない、という趣旨のことを書きました。

それはほとんどの場合、手持ちの資金で賄えるからです。

しかし逆に言うと、手持ち資金では足りない場合は、きちんと保険に入る必要があるということです。
私が思うに、真に入る必要があるのは「がん保険」です。

最近では、通院で抗がん剤や放射線で治療するとか、
健康保険が使えない高度先進医療などで治療する例もあります。

経済的にはかなりの負担になってきます。
通院といっても1回の通院に万単位でお金がかかったり、
高度先進医療なんて、1回百万単位のお金がかかるものもあります。
ですから多くの人にとって、手持ち資金では足りません。
保険が必要とされる由縁です。

がん保険の中身ですが、手術や入院日額を充実させたものもあります。
しかし、がんの治療方法は、必ずしも入院して手術するだけではありません。
ですから、入院手術以外でも充実した保障を受けられる保険が必要です。
そこで私は、がんと診断されたら、その時点で一時金として300万円もらえるものに入りました。
ちなみに、脳卒中や心疾患で一定の状態になった場合も保険金がもらえるタイプです。

がん保険に限らず、多くの医療保険は治療が終わった時点でお金をもらうのですが、正直それでは遅い。
特にがんの場合は、高額な医療費がかかるわけだし、通院治療が増えてきています。
入院重視の保険ではなく、治療に先立って一時金でもらえると助かると思うのです。

結論として、がんと診断されたら一時金でお金がもらえるタイプがよい。
ただ、保険料が安いわけではないので、保険金をいくらに設定するかは保険料をにらみながら決めることになるでしょう。
私は、1回で300万円かかる高度先進医療があったので、300万に入ったわけです。

スポンサーサイト

保険の入り方

家計において、保険は住宅ローンの次に大きな買い物だといわれています。
同時に、住宅ローンと同様、中身を十分に検討しないで入ってしまいがちです。
また、一度入ったら放ったらかし、という人も多いです。

しかし、どんな保険に入るか、いつ見直すかによって、
家計の負担は随分変わってくると思うのです。
かつて私も、職場にくるセールスレディーとお友達になるうちに
勧められるまま入ってしまいました。
周囲の人も、そんな人が多かった。

そこで、かつての私の反省を踏まえ、
保険に入る際に最も重要なことは・・・
保険は万が一のとき、手持ちのお金では“足りない部分”について入る、ということです。
ただ、"足りない部分”がいくらかというのは非常に難しい。

①死亡保険ですが、たとえば、一家の大黒柱が死んだら残された家族は困ります。
しかし、貯金もあるし、死亡退職金、遺族年金などももらえるのです。

ですから、いろんな制度を知り、いくら足りないか大雑把でもよいから計算しておくことが有益です。
でないと、保険屋さんから「子供の教育費とか大丈夫ですか~??」なんて、
不安をあおられて、大きな保険に入らされてしまう!
まさに私がそうでした。
かつて生命保険と医療保険をあわせて、月に3万くらい払っていました。
今思うと、すごい無駄でした。

②医療保険ですが、これも貯金や手当てだけでは“足りない部分”について入るべきです。
「病気になったらどうしよう、大変!」なんて不安をあおられますが、
実際、ほとんどの病気は半月以内で退院してしまいます。
詳しくは、病気ごとの平均入院日数を保険屋さんに聞けば教えてくれるでしょう。
それに高額療養費制度があるので、高額所得者でない限り、
手術をしても保険診療の上限は、月8万円ちょっとで済みます。
差額ベッド代など保険適用外診療は別ですが、それらを考えても、
50万円くらい貯金できている人は、正直、医療保険などは不要ではないでしょうか。
(ちなみに、がん保険は別です。この点は後日アップします。)

私も以前は、生命保険に余分な医療特約をつけたり、別口でも医療保険に入っていました。
それで数年前に入院したとき、保険金をもらいましたが、
お金をもらえば誰でもうれしいけれども、なくても平気だと思いました。
むしろ、必ずしも必要ないお金をもらうために、毎月保険料を払っていたことを後悔しました。

③それと、“足りない部分”は、月日の経過とともに変化する、ということです。
つまり、生活状況が変われば、“足りない部分”を見直していかなくてはならない。
少なくとも、結婚、住宅取得、子供の誕生、転職など、見直しは必須です。
たとえば、住宅を取得して住宅ローンを組めば、団体信用生命保険に加入します。
これは万が一のとき、住宅ローンをチャラにしてくれるというもの。
あらかじめそうした知識があるだけで、保険見直しのチャンスを見逃さずに済みます。
ひいては、無駄な保険料を払い続けなくてよいのです。


結局、保険に入るときは“足りない部分”はどれくらいか考えること。
そして、入った後も、“足りない部分”が変化してないか考えること。
考えるにあたっては、保険商品だけでなく、他のいろいろな制度を知っておくこと。


なのです。





金利を学ぶ

住宅ローンを新規で申し込む場合も、
借り換えや繰上返済をする場合も、
今後の金利動向を予測しながらでないと、
お得な選択ができません。

そこで、何を根拠に金利が動くのか?
そして、金利の動くタイミングはいつか?

おおまかに理解しておくことが必要です。

①まず重要なのが、変動金利と固定金利とでは、
金利を決める根拠が違うということ。


変動金利は、日銀の政策金利に連動します。
ここ数年は、政策金利が非常に低い水準に保たれおり、
変動金利も低いままです。
私の場合、通期の優遇もあり、実行金利は0.875%でした。
今でも借入れ当時から金利は変わっていません。
政策金利が変わらないからです。

これに対し、固定金利は長期金利、
すなわち、新発10年もの国債利回りに連動します。

国債の売り買い、つまり需要と供給の関係で利回りが変わります。
この夏、各銀行が固定金利を引き下げているのは、
欧州債務危機の影響で、日本の国債の需要が高まり、
利回りが低下しているためです。
これにより住宅ローンの固定金利も低下してきました。

②次は、金利の動くタイミング。

固定金利は、日々、国債の売り買いで金利が変わりますから、
市場からダイレクトに影響を受けます。
なので、そのときどきの国債の売買動向により、固定金利が上げ下げします。

そして、景気や長期金利が上向いてきたり、下がってきたりすると、
日銀が政策金利を上げようとか、下げようとか判断するわけです。
それで変動金利も動いてきます。

現状はというと、日本はデフレから脱却できていません。
当面、日銀が政策金利を上げることは考えられません。
そしてアメリカも、景気の低迷で2014年末までゼロ金利政策を続けるとしています。
日本の経済もアメリカに引っ張られるので、
少なくとも、2014年までは政策金利は上がりません。
今後の経済動向次第では、低金利はさらに続くことも予想されます。

とりあえず結論としては、変動金利はまだまだ上がらないということです。

変動金利にした理由

私が住宅ローンを組んだ2009年は、
変動金利が流行り始めていたのですが、
固定金利を借りる人の方が多かったのです。

それでも変動金利にしたのは、明確な理由があったからでした。
その理由とは・・・
変動金利は最も低金利であり、利息の総支払額を抑えたかったから

たとえば、35年間固定金利3%で、3000万円借りると、
総支払額が約4850万円、利息の支払いだけで約1850万円です。
これって、すごくもったいなくないですか!?
銀行を儲けさせるだけ、って感じします。

そして、変動金利にしても、当分、この低金利が続くと予想されたから

最低でも4、5年、下手すりゃ10年くらい低金利が続くのではないか・・・
もちろん、金利の予想などプロでも外れるのだから、
素人の私の予想など当てにすべきではありません。
しかし、妙な自信がありました。
人口減少、産業の空洞化、既得権益ばかり守る社会、肌で感じるデフレ、、、などなど。
日ごろから、社会や経済情勢に目を向けるだけで、ずいぶん見方が変わると思います。
住宅ローンは、投資と同じようなものです。
常に、金利や経済の様子を窺いながら、付き合っていくべきものだと思うのです。
それで、当分は低金利しかないと思って、変動金利にしたのでした。

とはいっても、金利が上がったときの対策を考えていたからこそ、変動金利にしたのです

万が一、金利が上がったときの対策を考えていない人には、変動金利はお奨めできません。
私は、株や外貨を保有していました。
もちろん、当時はリーマンショック後だったので、相当な含み損を抱えていました。
とはいえ、物価が上昇し金利が上がれば、株や外貨も持ち直すことが期待できます。
そしたらその時点で現金に変え、大きく繰上返済すれば金利上昇に対処できます。

それともう1つ、金利上昇の対策としては、
金利が上がりそうになったら、固定金利に切り替えるということです。

もちろん、切り替えのタイミングがものすごく難しいのは承知しています。
その点については、別な機会に検討しようと思っています。
ともあれ、借入れをする段階においては、銀行間の変動金利の金利差だけでなく、
長期固定金利の金利差にも着目してみるのがよいでしょう。

銀行によって、かなりの違いが見られます。
結局私は、変動金利は低いが10年固定は高かった、某信託銀行ではなく、
変動金利は低く、10年固定もそこそこ低かった、某地方銀行に決めたのでした。
                         ・・・つづく













まず最初に考えるべきなのは、住宅ローン

いろいろある家計の支出のうち、
まず最初に考えるべきなのは、何といっても住宅ローンです。

なぜかと言えば、住宅が数千万円するからではありません。
住宅ローンの組み方、借り換えや繰上返済のやり方によって、
何百万円も支払いが変わってくるからです


ところが、友人や職場の同僚に聞いてみると、
自分がどんな住宅ローンに入っているかさえ、知らない人が多い。
月にいくら払ってるかしか知らないのです。

これはもったいない話です。
もう少しよく考えれば、無駄な出費を抑えることができると思うのです。

どこのガソリンスタンドが安いかは詳しいのに、、、
玉子やキャベツが50円安ければ、スーパーに群がるのに、、、
どういうわけか、金利の計算となると、
考えるのを放棄してしまうようです。

そこでこのブログでは、私が住宅ローンを組むにあたって、
考慮したポイント、体験談などを紹介します。
決して細かい数字を並べるつもりはありません。


詳しい話は後日にしますが、結論だけ書いておきます。
2009年、私は変動金利で3300万円借りました。

変動金利が勧められるのは、一定の条件を満たした人だけだと思います。
私は今でも正しい選択だったと思っていますが、
一方で、私はすでに住宅ローンの借り換えも検討しています。
その辺の事情も、順に書いていきたいと思います。




はじめまして!

こんにちは。
はじめてブログを書きます、yuterpanです。

このブログは、平凡なサラリーマン家庭において日常直面する
   貯蓄、投資、住宅ローン、保険、税金、給付金、買い物、節約・・・

などの、様々なお金の出入りについて、
   お得な方法、知らないと損する知識・ノウハウ

などを、自らの体験に基づいて紹介していきます。

私はプロのファイナンシャルプランナーではありませんので、
一般的な商品説明や網羅的な解説をするつもりはありません。
あくまで、私がこれまで経験してきたお金にまつわる体験談です。

我が家の場合、
2004年、結婚、第1子誕生、生命保険見直し
2005年、妻の貯金を元手に、株式投資スタート
2006年、第2子誕生、国債・外貨MMFなど購入
2007年、投資信託など購入
2008年、リーマンショック、病気入院
2009年、一戸建て新築、住宅ローン
2010年、家電・家具の買い替え、生命保険見直し
2011年、新車買い替え、内窓リフォーム
2012年、ピアノレンタル、こども手当減額、扶養控除廃止による増税

などなど。
お金の出入りは、実にいろいろな場面で問題となります。
このブログでは、株式投資など特定の分野に絞った情報発信ではなく、トータルな家計の収支を書いていきます。

その意味で、主婦の方にも読んでもらいたいし、
幅広い人たちからの感想も聞いてみたいのです。

それでは、今後、少しずつ私の経験やアドバイスを書いていきたいと思います。




プロフィール

yuterpan

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。