スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩漬け株(日産自動車)を売却!

久しぶりの記事になってしまいました。
我が家はCATVで、テレビ(BS,CS)、プロバイダー、固定電話を一括で契約していますが、このところ調子が悪く、ネットだけ切れたりつながったりを繰り返しています。
CATVに電話し、ようやくモデムを取り替えてもらいましたが、まだ調子わるいです。
そのこともあり、ここ数週間ほとんどブログを更新できませんでした。すいません。

さて株ですが、私は2007年ころに買った日産自動車(7201)を3000株保有していました。
平均取得価格1081円で、長らくの低迷で完全な塩漬け株になっていました。

とはいえ、配当はそこそこ(平均すると取得価格の2%くらい)出ていたので、長期保有の私としては不満はありませんでした。
株主総会でも、株価は低迷しているが株主はいいパフォーマンスを享受している、みたいな説明だったと思います。

そして、このところの株価上昇で、本日、1244円で800株を売却しました。
15%の値上がり益ですから、大型株としてはすごく満足しています。

株価はここに来て、増益の決算発表もあり、右肩上がりでした。
株価を毎日見ていますが、少しずつ上値を切り上げていく感じなのです。
おそらく、いいニュースに加え、TOPIXコア30銘柄ですから、GPIFや日銀のマネーが買い支えているのでしょう。

まだまだ上がると思います。
理由としては、米国の好調な経済や原油安。
そして、高配当銘柄ですから、少なくとも3月の権利確定までは上昇すること。
また、今年の場合は、4月に統一地方選が控えてますので、マーケット全体がその直前まで上昇が見込まれること。
が、大きな要因です。

もっとも、現在のマーケットは過熱感も意識されているので、十分に注意が必要です。
上にあげた理由からすると、3月の権利確定までは上昇するが、その後は大きく下落する可能性もあるということです。

すると、権利確定させて配当を取ることを考えずに、それ前に売却するようにすれば、確実に利益を出していけると思うのです。
ですから、現在保有し続けている残りの日産株についても、配当を待たず、20%程度上昇した時点で売ってしまおうと考えています。
“高配当銘柄を権利確定前に売却する”というのは、確実にもうける1つの方法といえると思います。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ロシア銘柄!?~~JTを購入

年始で何かとバタバタしており、久しぶりのアップとなってしまいました。
さて、そんな中でも、今年初めて個別株の取引をいたしました。

日本たばこ、JTです。200株×3112円。
以前から欲しいと思っていたので、安くなったら買おうと考えていました。

そこへ昨年12月、原油が急落した際、3100円近辺まで株価が売られました。
これは原油急落による、ロシアルーブルの暴落が要因です。
JTは売り上げの半分が海外で、そのうちロシアが20%を占めているんだとか!?
ルーブルの暴落で相当利益が吹っ飛ぶらしいのです。
ある意味ロシア銘柄で、ロシアに足を引っ張られた形です。

そこで、12月に安くなったとき、買おうと思ったのですが、あっという間に反発しました。
底値と言えるかも知れません。
だから次に3100円くらいになったら買おうと思い、1月7日にようやく買えたわけです。

今回、JTを買った理由ですが。。。
①ロシア銘柄で、ルーブルの暴落により仕込み時と思えたこと。
②配当利回りが3%を上回ったこと。
③最近重視される、ROEが高いこと。
④株主還元に前向きなこと。
⑤株主優待も充実していること。
⑥海外投資家の保有比率が高いこと。
海外投資家が多く買うというのは、中長期的に期待できることの現われと考えられます。

ただし、原油安やルーブル安が長期継続すると、業績への不安が出てきます。
その辺は注意しておきたいと思います。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

解散総選挙と株価

衆議院が解散されました。
通常は、解散前に買って選挙後に売れば、新政権への期待から値上がりするので儲けられるケースが多いと思われます。
ところが今回は、突然解散されたようなものなので、あらかじめ仕込んでおくことができませんでした。

とはいえ、現状を見ると株については楽観的に見ていいように思います。
来年にかけて日経平均は2万円を目指すという見方も出ているようです。

確かに、これまでのニュースを見ると、株が上がりそうなネタが目立ちます。

①日銀の追加緩和
昨年4月の緩和もそうだったように、新たな緩和は、“1か月半”の間、株高をもたらすのだとか。
10月31日追加緩和なので、単純に12月半ばまではその余波で株高が維持されると推測されます。

②GPIFの運用比率引き上げ
とにかく最大級の機関投資家なのだから、株にとっては大きなプラスというほかありません。

③好調なアメリカ経済
当面、利上げは意識されない勢いですから、米国株は堅調でしょう。
おそらく来年になって利上げが意識されるイベントがあると、米国株の下落⇒日本株の下落、と思われます。
逆を言うと、それまで日本株は好調。

④日本企業7-9月期は30%の大幅増益(前年同月比)
これは欧米が10%そこそこの増益なのに比べてもすごいです。
今年12月、あるいは来年3月の好決算が待ち遠しい限りです。

⑤何といっても円安。
足元ドル円は118円近辺ですが、来年にかけてもう少し円安が進むと予想されます。
日本の貿易赤字が定着したこと、シェール革命により米国の貿易赤字が減ること、 原油価格の下落で米国民の消費も伸びること、強いアメリカ経済と弱い日本、米国は金融政策の出口なのに対し、日本はまだまだ入り口。
こうした環境を考えれば、ドル円は到底120円どころの話では済むはずがありません。
円安と株高の連動性が薄れているという兆候も見られますが、やはり円安は株にとっては歓迎すべきものです。

ということで、少なくとも来年前半までは株で儲けられる、とタカをくくっております。
もっとも、来年後半になれば、岩盤規制の牙城を崩せない安倍政権にピンチが訪れるのでは、と懸念しています。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

未使用のNISA投資枠

先日、日経CNBCのマーケットコロンブスという番組で、NISA投資枠のことがテーマになっていました。

ネット証券で開設されたNISA口座のうち、全く使用されてない口座も含め、投資枠の70%が未使用だというのです。
だから、年末にかけて、この枠をうめるべく個人投資家の買いが入るとのこと。
NISAの母国イギリスの場合も、購入期限の最後の2か月に購入が集中しているそうです。
今後、投資枠を使うための駆け込み購入が増え、株価の下支えになるというのです。

確かに私の場合も9月末の時点では、投資枠の60%くらいしか買っていませんでした。
この番組を見た後、10月になって下落してきたので、ようやく100%近く購入したのです。
やはり、銘柄選択や買いのタイミングなどを見極めるため、あるいは単に忘れていたとかの理由で、なかなか使われないのだろうと思います。

ただ、ネット証券などはNISA口座開設でプレゼントがもらえるキャンペーンをいろいろやっていたと思います。
ですから、全く使われないNISA口座も相当数に上ると推測します。
テレビで紹介されたデータですが、“ネット証券における未使用枠”ですので、実店舗の証券会社は数値に入っていない点に注意したいです。
つまり、NISAを利用するつもりがないのに、プレゼント目的で口座開設した人が多いのがネット証券なわけです。
とすると、NISAの駆け込み購入がどの程度株価を押し上げるのかは疑問です。

もっとも、番組でも触れていましたが、昨年12月も株式売却益の税率アップ前に利益確定売りが殺到しました。
個人の売買動向というのはあなどれません。
暴落し続けている今、個人が買い支えてくれることを期待したいものです。
私も今回の暴落が始まったとき、NISAで買いました。
みずほFGを買い増ししましたが、さらに下がっていますけど…。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

株主優待銘柄の落とし穴

この時期になると、9月権利確定の株主優待銘柄が気になります。
たしかに優待をもらえるのは嬉しいのですが、本当に優待で得するかどうかは微妙な場合もあります。
そこで今日は、株主優待の死角について考えてみました。

①優待券や割引券をもらった場合、ついつい外食や買い物をして、その際に余分な出費をしてしまいます。
やはり最大の節約は、割引券で安く買い物をすることではなく、買わないことです。
必要な出費だと思っていても、買わなくてもよかったと後で思うことが少なくありません。
絶対見たいわけでもない映画をタダだからいいやと思って見ても、ポップコーンやコーラを買ってしまうものです。
このように、優待券や割引券は更なる出費を誘引してしまいます。

②優待でもらった物を無駄にしてしまう。
優待期限があるものは、期限内に使えないことがあります。
食べ物飲み物は、腐らせたり賞味期限が過ぎてしまったり。
逆についつい食べ過ぎたり、飲み過ぎたり。

③優待目的で株を買うと、優待廃止・縮小のとき、塩漬け株になる。
優待廃止・縮小だと株価も下落する可能性が高く、売るに売れなくなる。
それまでの優待で得た利益では、元が取れません。

④外国人は優待期待してないし、むしろ優待は株主平等に反するとしてマイナス評価される。
外国人の持株比率は3割と大きく、優待は株価上昇の理由にならない。
いくら優待で得しても、株価下落で損してしまっては、元も子もありません。

とはいっても、私は株主優待の反対論者でもありません。
現に優待が欲しくて銘柄選びをすることもあります。
ただその場合でも、本当に必要な優待なのか、無駄にならないか、株価が割高じゃないのか、といったことに注意して買うようにしています。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
プロフィール

yuterpan

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。