スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯蓄性のある医療保険加入で節税(その2)

あけましておめでとうございます。
今年こそは更新の頻度をあげていきたいと思います。

さて、年末に書いた「メディカルキットR」について、リスクやデメリットを考えておこうと思います。

その前に、利回りについて補足しておきます。
利回り12.6%と書きましたが、これは1年目だけです。
2年目以降について触れるのを失念しました。
少々ミスリーディングでしたので、お詫びします。

利回りは、投資金に対する1年間の収益なので、2年目の利回りは、下の式のとおり、6.3%です。
(2年目の節税額)7,325÷{(1年間の保険料)57,840×(払い込み年数)2}=0.063
同様に3年目は4.2%、4年目は3.1%・・・と、だんだん小さくなります。
定年間際の16年後は、0.79%となってしまします。
定年退職後、所得がなく税金も払ってなければ節税できないので、その年の収益(節税額)はゼロとなります。

もっとも、給料が上がり所得税率も上がれば、節税額が増えて利回りは上昇するでしょう。
また、退職後でも再就職などで所得があれば、節税による収益のチャンスもあるでしょう。
いずれにせよ、20年後のことなので不確定要素が多く(税法の改正など)、利回りは確定できません。
これがリスクだと思います。

また、定年退職後も70歳まで保険料の支払いが続くというのは、相当な負担と言えましょう。
年金だって、いつからもらえるのか分かりませんし。

さらにデメリットですが、終身医療保険だってことです。
私は終身医療保険ほど無駄なものはないと思ってるくらいなので、仮にこの保険に入っても、70歳で健康還付金をもらったら、即解約すべきと思っています。
しかし、最も怖いのは、70歳という高齢ですから、即座に解約するのを忘れてしまうことなのです。
すると、保険料の垂れ流し状態が死ぬまで続きかねません。
まあ、きちんと解約すれば上手な保険の利用の仕方になるわけですが。。。

そして、この商品の最大のデメリットは、流動性がないこと。
70歳まで保険料を払わないと保険料全額が戻って来ないということは、70歳まで引き出せない定期預金ということです。
かなり不便ですが、その点は終身保険や学資保険、年金保険も似たようなものではあります。
途中解約もできるようで、たとえば5年目で解約なら払込保険料の4割程度が戻るようです。
解約しても、それまで掛け捨て医療保険に入っていたと考えれば、それほど損な話ではないかも知れません。

はたしてこの保険に入るべきかどうか、まだ迷っています。
もう少しよく検討してから決めたいと思っています。

よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

貯蓄性のある医療保険加入で節税

年末調整で判明しましたが、私の生命保険料控除額は、7万9千円あまりでした。
平成24年の改正で所得控除額が最大12万円と拡大されたにもかかわらず、新設された医療保険控除を使えていないのが要因です。
できるだけ、マックス12万円を使いたいのですが、かといって無駄な医療保険に入りたくはありません。
そこで、年金保険のような、貯蓄性のある医療保険でありながら、医療保険控除を使える商品がないか探していました。

すると、あったのです!
東京海上日動あんしん生命の「メディカルキットR」という終身医療保険です。
要するにこの保険は、“70歳まで保険料を支払えば、払った保険料が全額戻ってきて保険料が無駄にならず、医療保険控除も使えるので節税にもなる”という画期的な保険です。

早速、近くの乗合代理店に赴いて、設計書を作ってもらいました。
44歳、男性、持病なし、という前提です(持病ありのものもあるようです)。
一応医療保険なので、入院日額5000円、手術5万円、放射線治療5万円などの保障がついています。
入院日額7000円コース、10,000円コースもあります。
しかし、医療保険の内容などはどうでもよいことです!!
あくまで目的は、「貯蓄+節税」なのですから。

保険料ですが、月額4820円。
これを70歳まで払い続けて、保険金を全く受け取らなければ、健康還付給付金として保険料合計1,503,840円が全額戻ってきます。
途中、保険金を受け取れば、その分を差し引いた額を受け取れますから、いずれにせよ保険料は全額戻ってくる計算です。
すなわち、70歳に満期を迎える貯金と同じです。

節税効果について検証してみます。
保険料控除の対象は、2625円となっており、残額2195円は積み立てに回る部分のようです。
すると、控除の関係では、2625×12=31,500円が支払った保険料という計算です。
所得税の控除計算式にあてはめると、31,500÷2+10,000=25,750円が控除額です。
私の所得税率20%をかけると、5150円の節税効果があります。・・・・・①
住民税について控除計算式にあてはめると、31,500÷2+6000=21,750円が控除額です。
住民税は一律10%なので、2175円の節税効果があります。・・・・・②

結局、年間で①+②=7325円の節税となります。
実際に払い込んだ年間保険料は、4820×12=57,840円です。
投資した額に対する利益を計算すると、7,325÷57,840=0.1266…
実に利回り12.6%の金融商品とみることが可能なのです!!

この保険は、医療保険としてはたいしたことはないが、金融商品としてはかなり優れています。
もっとも、リスクやデメリットもあるので、その辺りにも検討を加えた上で、加入を考えたいと思います。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

保険の見直しで固定費を削減(その3)

これまで医療保険に入っていました。
職場の団体保険で、本人・妻型…入院1日3000円~4800円、個人賠償付き3000万円、保険料4310円
入院日額に幅があるのは、ケガと病気、本人と妻で少し違うからです。

私は医療保険はそもそも不要だと思っています。
その理由は、、、
①1度の病気・ケガにかかる医療費は多くの場合数十万円だから、わざわざ保険金で準備しなくとも、いざとなれば貯蓄を取り崩して対応できるので、そのそも毎月お金を払ってまで、保険金で医療費を準備する必要がない。
②重篤に至っても、高額療養費でバックされる部分が多い。
ということです。

にもかかわらず、第一子誕生後、医療保険に入った理由は、
①第一子が帝王切開だったため、次も帝王切開になることが確実だったから、保険金がもらえることが目に見えていた。
帝王切開を予定していて保険に入るのがいいのかどうか、少し疑問に思ったので、実際に保険会社に聞いてみました。
すると、O.K.なんだそうです(ただし、妊娠してからは駄目みたいです)。
そして予定通り、第二子、第三子いずれも帝王切開だったので、妻の入院・手術で保険金をもらいました。

ただし、第三子が生まれるまでの間に払った保険料は、優に30万円を超えており、私が入院した際にもらった保険金などを合わせても、払った保険料の総額を取り戻すまでには至りませんでした。
つまり、何度も入院を経験して保険金をもらってみて、あらためて気づいたことは、「保険料を払わずに貯金しておけば、入院費用を捻出できた」ということです。
ですから、医療保険はほとんどの場合、無意味です。

それと、この医療保険に入っていたもうひとつの理由は、
②個人賠償責任保険に入りたかったからです。
自転車で事故を起こしたり、子供が遊んで他人にケガさせたり、自宅が失火して隣家に延焼したりなど、可能性は低いのですが、いざ起こしてしまうと多額の賠償を請求されかねなません。
保険料も安いので、是非とも加入したいです。
通常、火災保険とか何かの保険に特約をつける形で加入します。
私は新築したとに火災保険を加入しましたが、個人賠償責任特約は外していました。
複数の保険で2つ特約しても、倍の保険金をもらえるわけではないので、ダブって加入しないことが大切です。
私は医療保険に付加する形で個人賠償責任保険を準備していたのでした。

今回、保険を見直した結果、この医療保険は解約することにしました。
上に書いたとおり、そもそも医療保険の必要性は疑わしいし、子供が3人目生まれたことで、これ以上子供を作る予定がないので、帝王切開で保険金をもらうこともありません。

問題は個人賠償責任保険ですが、チューリッヒの自動車保険で、個人賠償責任を特約できます。
今年の自動車保険の更新で、チューリッヒの自動車保険で新たに個人賠償責任を特約することにしました。
保険金額1億円で、保険料は年間2430円。
これまでは保険金額3000円(この保険の最高限度額)で、年間保険料720円でした。
個人賠償は大きな保障が欲しかったし、保険料も割高でもないので、こちらに鞍替えです。

毎月4310円の保険料をカットできたことで、固定費が少しすっきりした気がします。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

保険の見直しで固定費を削減(その2)

前回に引き続き、保険の見直しです。
今日は、がん保険の必要性についてです。

私はがん保険として、職場の団体保険に入っています。
三大疾病医療保険(夫)…がん確定診断等一時金300万円、保険料1692円
      〃     (妻)…  〃  、保険料1239円

4人に1人ががんで死亡する時代。
がんになったとき、一時金で300万円もらえれば、精神的にも経済的にも大きいです。
最近では通院で治療するケースもあるし、高度先進医療が受けられるケースもある。
手術前にお金がもらえるのであれば経済的な不安もなくなります。
がん保険に入るなら、一時金でもらえるタイプがよいと思って入りました。

しかし、40代でがん保険に入る必要が、本当にあるのか迷っています。
というのも、50歳を過ぎると、がんの発症率は右肩上がりですが、40代では確か1%以下だったと記憶しています。
また、がんは遺伝の影響もあると言われますが、少なくとも私の近い先祖はがんで死んでいません。
そんな低い確率のために、毎月何千円も払うべきなのか。。。
その分、貯金した方がよいのではないか、ということです。

我が家の金融資産は1700万円あり、このうち多くは教育費に充てると思われます。
とはいえ、仮にがんの治療費が300万円だとして、この程度のお金を捻出することは不可能ではないでしょう。
がんの治療費を保険でまかなうのか、貯蓄でまかなうのか、という選択です。

今回出した私の結論は、“もう少し貯蓄を増やしてから、がんの治療費を貯蓄から払おう”というものです。
ですから、もうしばらく、がん保険を継続します。
ただし、限りなく「がん保険不要説」に近いです。

私と妻の毎月の保険料合計は2931円。
10年積み立てたとすると、それだけで何と351,720円。
保険料と同額を積み立てていくだけでも、それなりに医療費対策になるんですが。。。

次回は医療保険を検討します。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

保険の見直しで固定費削減(その1)

一昨年、3人目が生まれてから保険の見直しをしていませんでした。
一般的には、子供が生まれたとき、家を買ったとき、転職・退職したときなどは、保険を見直すべきと言われます。
そこで、少々遅れましたが、我が家も保険を見直すことにしました。

まず、現状の確認です。
死亡保障(夫、44歳)…2100万円、保険料4806円
  〃  (妻、40歳)…300万円、保険料558円
三大疾病医療保険(夫)…がん確定診断等一時金300万円、保険料1692円
      〃     (妻)…  〃  、保険料1239円
  (死亡の際は、300万円もらえます。)
医療保険(本人、妻)…入院1日3000円~4800円、個人賠償付き3000万円、保険料4310円

保険料合計12,605円。
上記保険は全て職場の団体保険なので、保険料は割安です。
団体保険や共済でカバーできる部分は、これでまかなうのが鉄則。
決して、保険セールスレディの義理、人情、プレゼント、接待、付き合いに負けないようにすることが大切です。

ところで、生命保険文化センターの調査によると、1世帯あたりの保険料はこれよりもっと多いはずです。
しかし、保険は各家庭により事情が異なるので、全国平均と比べても全く意味がありません。
「月々の保険料は○○円が平均です」といった説明は、保険にたくさん入らせるためのセールストークであることがほとんどです。

保障額ですが、たしかに子供3人(小4、小2、2歳)の割には、死亡保障が少ないようにも見えます。
しかし、私が死亡した場合、第一子が高校を卒業するまでは、遺族年金が月々15万円程度支給されます。
(遺族年金は収入等によって異なりますので、必ず年金基金や保険会社の資料で確認しましょう。)
このほかに児童手当が月々3万5千円(子供3人の場合)。
さらに妻がパートで少しは稼いでくれるでしょう。
仮に妻が5万5千円稼ぐとすると、月の家計収入は24万円になります。

一方、私の死亡により、住宅ローンはチャラ。
(団体信用生命保険に加入していない人は注意が必要ですが。)
それと、私自身にかかっていた生活費はかからなくなります。
すると、残された妻と子供3人が日常生活していくには、月々24万円あれば十分と思われます。
したがって、日々の生活費のために、生命保険をかける必要はありません。

ところが、一番のネックは教育費。
最低でも子供1人1000万円とも言われています。
ただし、この1000万円には月々の塾、習い事、給食費、教材費などが含まれた金額であり、これらは月々の生活費として既に計上されています。
すると、“不定期に発生する大きな出費についてのみ、生活費とは別に生命保険金で準備すべき”、ということになります。
具体的には、大学受験費用、入学金、授業料、下宿代などです。
おそらく、600万円×3人=1800万円程度でしょうか。

さらに、浪人するかも知れないし、理系に進むかも知れない。
高校まで公立に行かせるとしても、不合格で私立に行く可能性だってあります。
1人1000万円というのは、最低であって、予期できない不確定要素がたくさんあります。額も大きい。
ですから、教育費には多額の予備費を計上しておく必要がありそうです。
予想つきませんが、数百万円から一千万円超は必要でしょう。

これら、予備費を含めた不定期の教育費について、これを生命保険金で用意します。
もっとも貯蓄があれば、保険金に頼らなくてもよいわけです。
現状、我が家の金融資産は1700万円なので、とりあえず予備費は金融資産で間に合うと思います。
よって、現時点で必要となる生命保険金は、予備費を引いた大学入学金など、上記のとおり600万円×3人=1800万円。
現在の死亡保障が2400万円ですので、死亡保障は十分に足りていると思います。

むしろ、少し保障額を減らして、保険料を節約したいとも考えていますが、今のところ保障額がそれほどオーバーしているわけでもないので、死亡保障は今回は手を入れないことにしました。
時期を見て、再検討します。

三大疾病医療保険、医療保険については次回検証します。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
プロフィール

yuterpan

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。