スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円安で豪ドルMMFを売却

このところの急激な円安で、豪ドルに対しても円が安くなってきました。

私は6、7年くらい前に、当時、高金利通貨として人気が出ていた豪ドルMMFを購入していました。
リーマンショック後に円高が続いていたので、円に換金できませんでした。
が、このたびの円安で、昨日(11月7日)、円に戻しました。
1豪ドル97.77円でした。

初期投資100万円で、127.6万円になりましたから、年利回り4%くらいでしょうか。
まずまずだと思います。

このタイミングで換金したのは、これ以上の豪ドル高は難しいと思ったからです。
豪中央銀行は政策金利の据え置きを決定したところですが、同総裁は中国の不動産バブル崩壊や豪ドル高を懸念するとコメントしたようです。
かえって豪ドル下落も警戒しないといけないので、この辺りで売っておくのがよいと思いました。

今回あらためて思ったことは、為替差益で儲けるのは難しいということです。
FXなら儲けられるでしょうが、その時間はないです。
そうなると外貨MMFを円高で買って円安で売るというのんびり投資ですが、これは手数料が高いです。
1豪ドル1円なので、100万円買うのに1万円近い手数料、売るときもまた1万円近い手数料というのはバカになりません。
年利回り4%程度なら、日本株に資金を振り向け、株の配当+値上がり益で儲ける方が簡単な気がしました。
ただし、日本株暴落に備え、ある程度の外貨は持っていようと思っています。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ニュージーランド建て外債を売却

野村證券でNZドル建ての外債を買っていました。
それがこの6月でちょうど満期を迎えるのです。

外債の場合は、満期まで持ってしまうと税金がかかるらしいです。
ですから、満期直前に解約した方がよいそうです。
野村の営業さんから電話をもらい説明を受けました。
普段はネット証券での取引が多い私ですが、営業さんがついてくれて助言をもらえるのはよいことです!!

そこで、3年くらい前に購入した
ノムラヨーロッパファイナンスエヌブイ ユーロNZドル建債 14000ドル
を満期直前に売却しました。
単価は、満期まで持つと100ですが、100.01でしたので、わずかに高く売却できました。
さらに、何と言っても為替ですが、売却時のレート(TTB)で86.99円/NZD でした。
もともとNZドルを購入したのは8年くらい前で、そのときの購入レート(TTS)が78円くらいでした。
ずいぶん為替差益が得られたことになります。
オセアニア通貨は為替変動が大きいと言われますが、すぐに使わない資金であれば、タイミングのいいときに換金すればよいので、リスクは少ないです。

ところで、このニュージーランドドルは、このところ円安に振れています。
理由の1つはNZ中央銀行の利上げ観測があるからですが、ユーロ圏の金融緩和がこれに拍車を掛けているのかも知れません。
日本もユーロも金融緩和だし、アメリカもなかなか金利が上がりません。
イギリスは来年中の利上げが予想されていますので、ポンドは順調に高くなることが期待できます。

長期資金で構えるなら、外貨建ては有効な手段です。
その際、もっとも気になるのが為替。
そして為替は各国の金利の影響を受ける。
先進国のお金がどこに向かうのか目が離せません。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
プロフィール

yuterpan

Author:yuterpan
関東在住、40代の、ごく平凡なサラリーマン。
妻、子供3人(小4、小2、2歳)の5人家族。
給料は目減りする一方、支出は増えるばかり。
生活水準は落としたくないけど、無駄な出費は抑えたい。
日々、効率的な家計を考える。

↓ 応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

当サイトは、リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。